FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

海外シンポジウム

海外で東西の医療関係者が集まり、多くの参加者がリモートを使い意見の交換が行われた。
患者さん一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を実現するため、西洋医学と東洋医学をいかに融合させるか、大変理想的な試みであり大変希望的でもあります。
その病院は正式に統合医療科を開設するらしい。
そのプラグラムの中の一つにへそ按腹も入る予定です。

YouTube会員

動画でへそ按腹を学べます。
毎月会員さまのリクエストに答えながら、様々な症状に対しどの様に按腹したらよいかを、丁寧に説明し、施術の仕方、自分でやる方法を伝授します。
毎回多くのリクエストを頂いています。
直接皆様の質問にもお答えします。
引き続きアフリカ支援にご協力をお願いします。
次回の来日のため日本語を猛勉強しています。

消えた

耳の裏側に1センチほどの塊が出来ていた。
かなり硬さも膨らみもある。
怪しい嫌な感じがした。
押すと痛みもあり本人は大変不安な気持ちを露わにしていた。
お腹はへそ周りが固く、心から胃の上のゾーンに邪が入り込んでいる。
火曳きを目的にへそ周りの邪を取り除く。
打鍼を使い心のゾーンからやや胃土にかかる範囲に、散ずる鍼と勝ち曳きの鍼を行った。
数回の治療で押した痛みは消え、2週間約5回の治療で耳裏のしこりが見事に跡形もなく消えた。

ありがとうございます

2日間の認定講座に参加をご希望されている方々には、大変ご迷惑をおかけしています。
もう少々お待ち下さい。
あまり密にならないように調整しながら、少人数制で行いたいと思っています。
多くの問い合わせと申し込み、誠にありがとうございます。
涼しくなりこちらの準備が整い次第ご報告致します。

ありがとう

少しずつ先が開けてきたようです。
先日医師と新たな本を書くために、シールドごしに飲みながら打ち合わせをしました。
大変内容の濃い話になりました。
新たな医療のかたちと日本人の精神を題材にしたものです。
要するにこころと身体は一つにならなければならない。
しかし人間の考え方によって左脳と右脳の葛藤が生まれる。
それは理想と現実の乖離なようなもの。
その矛盾を限りなく解消し理想に現実を向けさせるよう絶えず努力する。
大切なことだが大変難しい問題だ。
その医師曰わく維新まえは吉田松陰、維新後は渋沢栄一ではないか、などの話しをし何故日本人が和を尊ぶようになったか、そのルーツは縄文時代にトの教えがあったからだ。
日本語でトは誰々と、共になどと表現するが、天と共に自分はなにが出来るか、地と共に、人々と共にに自分は何が出来るかを考え行動する。
1万年前に決まり事としてあった。
とんでもない文献が発見された。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ