FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

満員御礼

明日から始まる認定講座は満席となりました。
多くのお問い合わせ有り難うございました。
ギリギリ参加出来なかった方々を優先に、
来年の認定講座の予定を決めたいと思います。
今回のテーマは、
ヘルニア、分離、坐骨神経痛、
そしてぎっくり腰です。
毎回テーマを決めて開催されますが、
へそ按腹の手技を伝授します。
基本技術を身に付ければあとは簡単です。
基本であるへそ按腹の奥義を私が直接伝授します。
1日目は体操も学びますが、
来年からは手技の技術を学ぶ、
二級セラピスト認定だけの講座になります。
体操インストラクターの認定は無くなります。
その代わり月に数回行う体操教室に参加してください。
そちらの方で認定証を授与します。

間違ったメッセージ

リュウマチなどの症状は、
体内で間違ったメッセージ物質が大量に発生する。
そのメッセージを受けた免疫物質が、
骨を攻撃する。
全ての病に共通するのだが、
正確なメッセージが伝わらない事が、
病の原因なのだ。
以前から私が唱えてきた、
不通病理学説がそれだ。
長い研究の結果その原因を解明した。
答えは三焦にあった。
その正体は医学的にも分かっている。
後はそれを証明すれば良いのだ。

新たな物質

医学的、科学的にへそ按腹の効果を証明する。
何が何でもやらなければならない。
一瞬のうちに身体が変化する過程を、
医学的にとらえなければならない。
至難の業であるが時代的に可能であるはず。
医学は進歩している。
臓器同士のメッセージ物質を探せるようになった。
人体は巨大なネットワークである事が証明された。
このネットワークが、
いわゆる「気」に繋がる。
この気を最大限に発揮し操れるのが、
へそ按腹なのだ。

特集

来年 早々にへそ按腹特集が組まれます。
先日の体操教室に参加された編集長は、
驚きを隠せませんでした。
その場で自身の肩こりが改善したのは勿論、
明らかに肩の盛り上がりが無くなり、
形が平らになったゲストを見て、
20名ほど集まった参加者から、
歓声とざわつきが出る現場を、
目の当たりにしたからだ。
この健康法は、
計り知れない多くの可能性がある。
今まで数多くの健康法を取材したが、
ここまで効果のある物はなかった、
と感動していたコメントを頂きました。

肝臓がん ステージ4

末期のガンで手術をしたが取りきれなかった。
マーカーも基準値の10倍以上に跳ね上がり、
食事も出来ないほどお腹が張る。
倦怠感と気分の悪さがあり、
体力が急激に落ちてきたと言う。
お腹を診ると明らかに、
胃土に強烈な邪が入りこんでいた。
1ヶ月ほど治療を行い、
全ての症状が改善する。
マーカーも正常値に戻った。
案の定CT検査の結果、
肝臓にあった陰が綺麗に消えていた。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ