QLOOKアクセス解析

研究は続く

多くの病の反応がわかってきました。

ガンなどはわき腹の上下、
特に鼠径部付近に。

糖尿病は胃土から脾の肋骨上に。

坐骨神経痛や膝の痛みなどは側臀部に。

最後の手技が完成し精度が増した。

しかしまだまだ研究は続きます。

ハッキリしないお腹があるからです。

しかし必ず答えは有ります。

あきらめてはダメです。

自分自身で症状が軽くなる場所を探し、
按腹を続けてください。

按腹のコツ

見事にコツを掴んだようだ。

異常な場所は他とは全く違う。

仕上げの手技の精度を上げれば、
今までは見つけにくかった反応点である
゛虚実の境界線を直ぐに発見できる。

とてつもないほど素晴らしい。

参加しているメンバー全員が、
ハッキリ反応点を絞れるようになった。

甲状腺腫

近所の病院で悪性の可能性があると診断された。

精密検査を勧められ大きな病院に行った。

血液検査の結果、
異常な数値が出てしまった。

即私の治療院に来て数回治療を行い、
1ヶ月後に再検査した。

見事に数値は改善され平均値に戻った。

手術をする予定であったが、取り止めとなった。

お腹の範囲

へそ按腹が言う お腹の範囲は意外と広い。

特に下の部分は、
大腿部の前面と側面、
膝まではいきませんが、
大腿部の半分位までがお腹の範囲になります。

後ろは臀部付近までとなります。

いずれも手根で軽く叩きます。

ありがとう

皆様のお陰で桑玄米が大好評です。

飲む事でお腹が温まり胃腸の緊張や粘膜を保護し、
糖の吸収を穏やかにしてくれます。

まさしく飲む按腹なのです。

海外にもファンが多く、
新たにオーガニックの会社からオファーがきました。

本当に有り難う御座います。

この桑玄米を愛飲し血圧が下がった、
糖尿病が改善した、
お肌が綺麗になった、
便秘が良くなり毎日すっきり、
多くの体験の声が寄せられています。