QLOOKアクセス解析

ガンとの闘い

ips細胞による再生医療が進んでいます。
初期化された細胞は、
どのような器官にも変化出来る。
が故にガン化しやすいのが大きな問題点です。
一時的に臓器を修復しても、
根本は修復されない。
数年後には再発し元の木阿弥。
やはり按腹が必要となる。
腸内環境を整えて、
細胞同士の意志の疎通をはかる。
自然治癒力が最大限に発揮される。