FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

前がん細胞

乳ガンの手術を受けたが、
半年もしない内にまた同じシコリを発見。
そのシコリは4ミリほどあり、
前回同様 小石のように堅い。
本人は再発したと思い検査に行った。
診断はガンではないが、
後にガンになる可能性がある。
早速治療を行い、
仕上げの手技と鍼で、
腸骨内側、肋骨内側と胃土の凝りをとりました。
するとその場でシコリが柔らかくなり、
明らかに小さくなった。
本人に触診させましたが、
何処にシコリがあるのか分からない程、
小さくなったと喜んでいた。
完成した仕上げの手技の威力です。

コメントの投稿

非公開コメント